K&Sコミュニケーション講座
By shotao Follow | Public

深瀬啓介と富田しょう(Keisuke&Sho)提供するコミュニケーション講座のグループページです

「私は誰か?」という根源的な問いの答えにたどり着くためのステップとして、私たちは常に自己を知り、自分以外のあらゆる次元の存在とのコミュニケーションをはかることが重要です。

向こうからやってくる情報、あるいはこちらからアクセスする情報だけでなく、本来の自己、ガイド、根源に繋がることで、二者の間にコミュニケーションが生まれ、双方向の情報の伝達と変容が起きます。

K&Sコミュニケーション講座ではそのようなつながりを現実のものとして感じていただくために、物質と非物質の境界や、意識の構造、インスピレーションの仕組み、音とは何か、色とは何か、過去とは、未来とは、といった内容に深い洞察と理解をもたらす講義を行っています。

この講座の特徴は、講師や主催者が中心的な力を保持しないということです。私たちはガイドのもたらす情報に対して常にオープンであり、この講座に関わるあらゆる人々が平らかに講義の内容を聞き、理解できるような環境を提供することに注力しています。

<深瀬啓介のプロフィール>
深瀬啓介は脳科学を応用した独自の色彩心理療法を開発し、企業や公的機関、教育機関などで認知心理療法の講義やコンサルテーション、心理トレーニングを行ってきました。近年ではドリーミングアート(オーストラリア先住民アボリジニの哲学からネーミングされたオーラや気のようなもの)を描くアーティストとして、またそのアートを元にしたガイドからのメッセージを伝えることでクライアントが「本来の自己」に出会うきっかけとなるドリーミング・メッセージ・アートの制作を精力的に行っています。仙台や東京でも類い希な才能を持つアート・メッセンジャーとして高く評価されています。

<富田しょうのプロフィール>
富田しょうは10歳から老子に親しみ、タオについて、宇宙の理について独自の探究を続けてきました。16歳で気功のトレーニングに目覚め、22歳から気功施術を始め、コアフロー・セラピーを開発。東洋医学の感覚的、経験的アプローチと西洋的な分析的アプローチを組み合わせて、その場の効果だけではなく不調の原因を取り除く施術で高い効果を上げています。また、人間の肉体のみの施術にこだわることなく全体性に着目したカウンセリングを行い、食事や運動、瞑想を教えたり、感情から解放されるための技術を編み出して提供しています。現在は京都、東京、仙台など各地で施術やワークショップなどを開催しています。